1-17

男性の剛毛でも家庭用の脱毛器は対応できるものなのか

男性が脱毛をする場合、女性よりも心配になるポイントが、剛毛であっても脱毛できるのだろうかということになるでしょう。
少々ムダ毛があっても気にならない男性の場合、深刻な問題になるという場合、かなりの剛毛だからということがあるはずです。
ひげに関して言っても、やはり濃すぎるから何とかしたいと思うでしょう。
家庭用の脱毛器で、いったいどこまで対応できるのか、男性であればこそ心配になる問題です。

剛毛だからこそ効率よく脱毛できる意味

フラッシュ方式をはじめ、家庭用脱毛器でも剛毛なほど反応はよくなります。
これには、ちゃんとしたわけがあり、男性用に作っていたりするからというわけではありません。
根本的な部分で言えば、脱毛器で男性しか使えないというものはありません。
向いているということはあっても女性でも使えます。
剛毛に対して反応が良いのは、濃い色素に対してエネルギーを集中させるように作っているからです。
つまり、黒く太い毛のほうがエネルギーは集まりやすく、効果を上げることができるから、剛毛のほうが反応はよくなるといえます。
エネルギーを集中させるために、肌が白く剛毛の人のほうが反応はいいともいえるでしょう。
だから、剛毛でも何の心配もいりません。

濃い色にエネルギーが集まるからこそ

ちょっと問題なのは、エネルギーを集中させるということは、それだけ痛みも大きくなるということになるでしょう。
剛毛の場合は、効果が高くなる反面、通常よりも痛みが強くなってしまう可能性があるのです。
女性に比べて男性のひげやすねを見てみると、黒い色素が集まっているでしょう。
この部分に光の熱が集まってしまうため、肌への刺激も必然的に強くなってしまうのです。
男性だからこその問題ですが、剛毛というよりも肌の色で痛みが出るということも覚えておくといいでしょう。

剛毛よりも細い毛のほうが実は大変

実際に脱毛は何度もやっていれば痛みにもなれてきます。
ですが、初めての場合には、かなりの衝撃に感じることもあるでしょう。
そこで、初めて脱毛するのであれば、必ずパッチテストをする必要があります。
アレルギー反応に対するチェックでもありますが、痛みを抑えながらも最も効果のいい出力を探すためにもやっておく必要があるのです。

脱毛を始めたばかりであれば、濃い毛でも低い出力でも反応してくれるため、十分な効果を感じることができるでしょう。
エステなどよりも、早く脱毛できることも珍しくありません。
問題は、脱毛が進んできて、細くなってきたときなのです。
このような状態になってくると、高い出力が必要になるのです。
剛毛よりも、細い毛のほうが脱毛は難しいということを覚えておくといいでしょう。