1-15

いろいろと種類がある脱毛器とその特色

男性用の脱毛器といっても、実はいろいろな種類があります。
代表的なのは、光とも呼ばれるフラッシュ方式や、医療機関でも使うレーザー方式、熱を利用するサーミコン方式の3種類が基本的なものとして考えられるでしょう。
それぞれに違いがあり、特色がありますので、選ぶときには注意が必要です。

パワーならレーザー方式が一番

レーザー方式は、この中では古くからある方式として知られています。
医療機関で使われているものですが、家庭用では安全性ということもあって、かなり出力を下げて販売しなければいけないようになっているのです。

このレーザー脱毛は、黒い色素に反応して熱を加えることで脱毛を実現します。
ムダ毛も黒ですから、そこから熱が伝わり、毛乳頭にある毛細細胞を破壊するのです。
破壊といっても、1回で焼ききれるわけではないため、どんどんと細くさせながら、生えるまでの期間を長くすることができます。

脱毛効果が高い方法ですが、その分だけ痛みも強く、照射範囲も限られているため、とにかく時間がかかるのが問題です。
皮膚へのダメージも大きいため、休ませながら使わなければいけません。
その代りに、パワーの集中が高いため、部分的な脱毛ということであれば、力を発揮できるのです。

もっともメジャーなフラッシュ方式

現在、最も使われるようになったのがフラッシュ方式です。
黒い色素に反応する光を出すことで、毛乳頭にダメージを与えます。
レーザー方式に似ていますが、インテンスパルスライト(IPL)という光を使っているところに違いがあるのです。

フラッシュ方式も、回数を重ねることで生えにくくしますが、効果の実感はレーザーのほうが早いでしょう。
ですが、肌の表面温度を上げにくいため、ダメージが少なく痛みも少ないというのが特徴となっているのです。
照射範囲の面積も広くしやすいため、少ないショット数で広い面積をカバーできます。
こうした性能からも、全身脱毛に向いている方法だといえるでしょう。

熱で焼ききる除毛に近いサーミコン

熱を使い脱毛していくのが、熱線という意味を持つサーミコンです。
熱エネルギーをムダ毛に伝え、接触部分から処理をして行くため、脱毛というより除毛といった感じになるでしょう。
カミソリの感覚に近いため、脱毛という面では他の二つにどうしても劣ります。
その代り、構造が単純なため、機材は安価です。
大きさも小さくすることができるため、使うということに関しての負担は少ないといえるでしょう。
常に処理を繰り返していかなければいけない点は、大きなデメリットともいえるのです。

人によって向き不向きもあります。
ですが、現在使いやすいといわれるものは、フラッシュ方式であることは間違いありません。